読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くるみんの街角ニュース

日頃の気になるニュースを独自に解説していきます。

今回の劇場版「アンパンマン」にはやなせ氏の想いも込めて制作

昔から大人気アニメ「アンパンマン」。

ようやく劇場版「アンパンマン」のシリーズ第28弾になる「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」が公開されるみたいだけど、今回からやなせたかしのメッセージを胸に、監督が拘って制作した初出しカットが公開されたみたい!

 

ヒロインはおもちゃの星からやってきたゼンマイ仕掛けの姫「ルンダ」。

誰もが自分のために何かをするのが当然と思い込んでる超わがままなお姫様。

 

その「ルンダ」は体が大きいけど不器用なおもちゃのロボット「ナンダ」といつも一緒で、

そんなある日、いろんなものをおもちゃに変える「おもちゃスティック」をアンパンマンワールドに落としてしまうことから物語が始まるみたい!

 

やなせ氏が残した楽曲の「勇気のルンダ」が本作品のモチーフみたい。

「勇気のルンダ」は全国のアンパンマンこどもミュージアムのショーでも使用されていて、

ファンにとっては、馴染みの曲みたい。

 

「自分のためでははなく、誰かのために頑張るような勇気を持とう」っていうやなせ氏のメッセージが込められている楽曲みたい。

 

 

今回の作品は前作よりも迫力のあるアンパンチや立体的でいて、ダイナミックでもあるシーンが盛だくさん!

 

また監督でもある川越淳さんは、「CGを使う方法もあったのですが、作品の世界観的に不自然に見えてしまう可能性があるため、あえて手描きにこだわって製作しています」と語ったみたい。

 

「TVシリーズでは設定が日常であることが多いのに対して、音楽シーンやロボットが登場するなどファンタジックな要素が強い本作で、楽しくも印象的なビジュアルを追求したアクションシーンです」と熱く語っていました!

 

 

そんな「それいけ!アンパンマン おもちゃの星のナンダとルンダ」は来月2日(土)から全国で公開するようです♪